日本語 English
「国立デザイン美術館をつくる会」は、三宅一生(デザイナー)と青柳正規(美術史家/国立西洋美術館長)が2012年9月に設立しました。日本におけるデザインの重要性を広く伝えるとともに、国立デザイン美術館設立に向けて機運を高めることを目的とします。設立が具体的な計画になるで、継続して活動を行います。ひろくみなさまのご参加を、お待ちしています。